保守修理・運用(MRO)の世界市場(2024~2032):プロバイダー別、MRO種類別、地域別

◆英語タイトル:Maintenance Repair and Operations (MRO) Market Report by Provider (OEM, Aftermarket), MRO Type (Industrial MRO, Electrical MRO, Facility MRO, and Others), and Region 2024-2032

IMARCが発行した調査報告書(IMARC24APR482)◆商品コード:IMARC24APR482
◆発行会社(リサーチ会社):IMARC
◆発行日:2024年3月
◆ページ数:149
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:技術&メディア
◆販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD3,899 ⇒換算¥577,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
Five UserUSD4,899 ⇒換算¥725,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
EnterprisewideUSD5,899 ⇒換算¥873,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらでご利用ガイドはこちらでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いに変更可)
※上記の日本語題名はH&Iグローバルリサーチが翻訳したものです。英語版原本には日本語表記はありません。
※為替レートは適宜修正・更新しております。リアルタイム更新ではありません。

❖ レポートの概要 ❖

※下記の概要と目次は英語から日本語に機械翻訳された内容です。誤った表現が含まれている可能性があります。正確な内容はサンプルでご確認ください。

世界のメンテナンス修理運用(MRO)市場規模は2023年に6667億米ドルに達しました。今後、IMARC Groupでは、2024年から2032年にかけての成長率(CAGR)は2.45%で、2032年には8,347億米ドルに達すると予測しています。資産のライフサイクル管理の重要性に対する企業や個人の意識の高まり、持続可能性と環境責任の重視の高まり、MROサービスのアウトソーシングは、業界を推進する主な要因の一部です。
MRO(Maintenance Repair and Operations)とは、潜在的な故障を防ぎ、ダウンタイムを最小限に抑え、業務効率を最大化するために、資産の定期的な維持管理、サービス、修理を伴う包括的なアプローチを指します。機器の洗浄、潤滑、校正、性能評価など、さまざまな作業が含まれます。定期点検、定期的なメンテナンス作業、部品やコンポーネントのタイムリーな交換も含まれます。これにより、操業に支障をきたし、コストのかかるダウンタイムにつながる突発的な設備故障のリスクを軽減することができます。円滑なワークフローを維持し、投資の価値を維持するために、製造業、医療、航空など、さまざまな業界で利用されています。

持続可能性と環境への責任がますます重視されるようになったことで、資源の消費を最小限に抑え、廃棄物を減らし、エネルギー効率を高めるMROの導入が進んでいます。さらに、現場でのコミュニケーション、資産の追跡、タスクの実行を強化し、全体的なオペレーションの俊敏性を向上させるモバイルMROアプリケーションに対する需要の高まりが、業界の成長を後押ししています。これとは別に、センサーや機器からの大量のデータの蓄積が、データ分析と機械学習の採用を促進しています。これらの技術により、予知保全、性能最適化、過去およびリアルタイムのデータ洞察に基づく情報に基づいた意思決定が可能になります。さらに、さまざまな企業がサービスプロバイダーとのプロアクティブ・メンテナンス契約を選択するようになっています。これらの契約は、タイムリーな検査、予防措置、問題への迅速な対応を保証し、予期せぬダウンタイムのリスクを軽減します。

保守修理・運用(MRO)市場の動向/促進要因:
技術の進歩とインダストリー4.0の統合

スマート製造におけるインダストリー4.0と継続的な技術進歩の出現は、業界にプラスの影響を与える重要な要因の1つです。さらに、モノのインターネット(IoT)、センサー、予測分析を機器や機械に統合することで、それらの性能や健康状態に関するリアルタイムの洞察が得られます。これにより、企業は潜在的な故障を事前に予測することで、プロアクティブ・メンテナンス戦略を採用することができます。さらに、予知保全はダウンタイムを削減し、運用の中断を最小限に抑え、リソース配分を最適化します。さらに、物理資産のデジタル双子の仮想レプリカを活用することで、意思決定プロセスが強化され、遠隔監視やトラブルシューティングが容易になります。

資産ライフサイクル管理の重視

資産ライフサイクル管理の重要性に対する企業や個人の意識の高まりが、業界の成長を強化しています。また、調達や廃棄の際に資産を効果的に管理することで、大幅なコスト削減と業務効率の向上が実現できることを認識する企業も増えています。さらに、統合資産管理システムは、資産の状態、使用状況、メンテナンス履歴を包括的に可視化します。これにより、データに基づいた意思決定、情報に基づいた修理や交換の選択、効率的な資源配分が容易になります。これとは別に、資産の利用と寿命を最適化することで、企業は投資収益率(ROI)を拡大し、全体的な運用経費を削減することができます。

MROサービスのアウトソーシング

業務を合理化し、コアコンピタンスに集中しようとする企業によるMROサービスのアウトソーシングは、業界にプラスの影響を与えています。MROをアウトソーシングすることで、企業は社内に多額の投資をすることなく、専門知識、規模の経済、先端技術へのアクセスを活用することができます。これとは別に、MROサービスは柔軟性、費用対効果、業界の規制や標準の遵守を提供します。このアプローチにより、企業はリソースをより効率的に配分し、オペレーションの俊敏性を高め、主要な事業目標に集中することができます。さらに、複雑な機械や設備に専門的な保守・修理が必要な業界では、MROソリューションの採用が増加しており、市場の成長に好影響を与えています。

保守修理・運用(MRO)産業のセグメント化:
IMARC Groupは、世界のメンテナンス修理・運用(MRO)市場レポートの各セグメントにおける主要動向の分析と、2024年から2032年までの世界、地域、国レベルでの予測を提供しています。当レポートでは、プロバイダーとMROタイプに基づいて市場を分類しています。

プロバイダー別内訳

OEM
アフターマーケット

OEMが市場を支配

当レポートでは、プロバイダー別に市場を詳細に分類・分析しています。これにはOEMとアフターマーケットが含まれます。同レポートによると、OEMは、その比類ない専門知識と製品に関する深い知識により、最大のセグメントを占めています。OEMは、機器の設計、機能性、複雑さに関する深い洞察力を持っているため、専門的なメンテナンスや修理サービスを提供する独自の資格を有しています。さらに、OEMは品質保証の代名詞です。メンテナンスや修理の際に純正のOEM部品やコンポーネントを使用することで、最適なパフォーマンスと信頼性が保証されます。これらの純正部品は、オリジナルの仕様を満たすように特別に設計されており、シームレスなフィット感と互換性を保証します。これとは別に、OEMは技術的な進歩にも優れており、研究開発(R&D)努力を活用して最先端の技術を製品に組み込んでいます。

MROタイプ別内訳

産業用MRO
電気MRO
設備MRO
その他

産業用MROが最大シェア

本レポートでは、MROタイプに基づく市場の詳細な分類と分析も行っています。これには産業用MRO、電気用MRO、施設用MRO、その他が含まれます。報告書によると、産業部門は複雑で特殊な機械や設備に大きく依存しているため、産業用MROが最大の市場シェアを占めています。産業用MROは、プロアクティブメンテナンス、タイムリーな修理、潜在的な問題が拡大する前に特定するための包括的な診断を提供します。このアプローチにより、予定外のダウンタイムを最小限に抑え、機器全体の有効性を高め、生産ラインの継続的な稼働を保証します。さらに、産業環境は高負荷のオペレーションを伴うため、設備は過酷な条件や磨耗にさらされます。そのため、MROの採用は、過酷な使用、過酷な環境への暴露、連続生産に伴う磨耗や損傷によってもたらされる課題に対処するための原動力となっています。

地域別内訳
北米
アメリカ
カナダ
アジア太平洋
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
その他
中東・アフリカ

欧州が明確な優位性を示し、整備修理運用(MRO)市場で最大のシェアを獲得

この調査レポートは、北米(米国、カナダ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシア、その他)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他)、中南米(ブラジル、メキシコ、その他)、中東・アフリカを含むすべての主要地域市場の包括的な分析も提供しています。同レポートによると、欧州は産業インフラが確立されているため、最大の市場シェアを占めています。加えて、欧州のMROプロバイダーは、さまざまな業界特有の要件に合わせた専門的なソリューションを提供しており、メンテナンスと修理の信頼できるパートナーとしての評判を高めています。さらに、欧州諸国は環境に優しい慣行の採用を重視しており、グリーンイニシアチブの採用を推進しています。持続可能なメンテナンス慣行、効率的な資源利用、環境に優しい廃棄手続きは、欧州のMROサービスに不可欠です。さらに、この地域には数多くの研究センターがあり、さまざまな産業における技術革新を支えています。この技術革新は、予測分析、IoT統合、遠隔監視などの最先端技術を組み込んだ高度なMROソリューションに反映されています。

競争環境:
各企業は、さまざまな業界の設備、機械、インフラの最適な機能性、効率性、長寿命を確保するために不可欠なサービスの提供を目的としたさまざまな活動に積極的に取り組んでいます。また、予防保全に特化したMRO企業は、定期的な点検や機器の整備を実施し、コストのかかる故障につながる前に潜在的な問題を特定して対処しています。さらに、さまざまなMRO企業がリアクティブ・メンテナンス・サービスを提供し、予期せぬ機器の故障や不具合に迅速に対応しています。さらに、MRO各社は技術の進歩を取り入れ、デジタルソリューションをサービスに組み込んでいます。これには、リアルタイム監視のためのIoTセンサーの活用、機器の動作をシミュレートするためのデジタルツイン技術の導入、データの保存と分析のためのクラウドベースのプラットフォームの提供などが含まれます。

本レポートでは、市場の競合状況を包括的に分析しています。主要企業の詳細プロフィールも掲載しています。同市場の主要企業には次のような企業があります:

Adolf Würth GmbH & Co. KG
Airgas Inc. (Air Liquide S.A)
Applied Industrial Technologies Inc.
Cromwell Group Holdings Ltd. (W. W. Grainger Inc.)
Electrocomponents PLC
Eriks NV (SHV Holdings)
Genuine Parts Company
Graybar Electric Company Inc.
Hayley Group Limited (Descours et Cabaud SA)
Lawson Products Inc.
Rexel
Wesco International Inc.

最近の動向
2022年9月、Adolf Würth GmbH & Co. KGは、認定アンカーラボを含む、締結技術に関する世界で最も有能なテストセンターの1つを開設。
2023年4月、アプライド インダストリアル テクノロジーズは、オートメーションプラットフォームの拡大のため、アドバンスド モーション システムズ社を買収。
2020年12月、Electrocomponents PLCは、MROサプライチェーンサービスプロバイダーのSynovosを1億4,500万ドルで買収し、メンテナンス、修理、オペレーション(MRO)とサプライチェーンサービスにおける世界的な強者を誕生させました。

本レポートで扱う主な質問

1. 2023年の世界の保守・修理・運用(MRO)市場規模は?
2. 2024年から2032年にかけての世界のメンテナンス修理・運用(MRO)市場の予想成長率は?
3. 世界のメンテナンス修理・運用(MRO)市場を牽引する主要因は?
4. COVID-19が世界のメンテナンス修理(MRO)市場に与えた影響は?
5. 世界のメンテナンス修理・運用(MRO)市場のプロバイダー別の内訳は?
6. MROタイプに基づく世界のMRO市場の内訳は?
7. 世界のメンテナンス修理・運用(MRO)市場の主要地域は?
8. 世界の整備補修(MRO)市場における主要プレイヤー/企業は?

❖ レポートの目次 ❖

1 はじめに
2 調査範囲と方法
2.1 調査の目的
2.2 調査対象者
2.3 データソース
2.3.1 一次情報源
2.3.2 セカンダリーソース
2.4 市場推定
2.4.1 ボトムアップアプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブ・サマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要産業動向
5 世界の保守修理・運用(MRO)市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 プロバイダー別市場構成
6.1 OEM
6.1.1 市場動向
6.1.2 市場予測
6.2 アフターマーケット
6.2.1 市場動向
6.2.2 市場予測
7 MROタイプ別市場構成
7.1 産業用MRO
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 電気MRO
7.2.1 市場動向
7.2.2 市場予測
7.3 設備MRO
7.3.1 市場動向
7.3.2 市場予測
7.4 その他
7.4.1 市場動向
7.4.2 市場予測
8 地域別市場内訳
8.1 北米
8.1.1 米国
8.1.1.1 市場動向
8.1.1.2 市場予測
8.1.2 カナダ
8.1.2.1 市場動向
8.1.2.2 市場予測
8.2 アジア太平洋
8.2.1 中国
8.2.1.1 市場動向
8.2.1.2 市場予測
8.2.2 日本
8.2.2.1 市場動向
8.2.2.2 市場予測
8.2.3 インド
8.2.3.1 市場動向
8.2.3.2 市場予測
8.2.4 韓国
8.2.4.1 市場動向
8.2.4.2 市場予測
8.2.5 オーストラリア
8.2.5.1 市場動向
8.2.5.2 市場予測
8.2.6 インドネシア
8.2.6.1 市場動向
8.2.6.2 市場予測
8.2.7 その他
8.2.7.1 市場動向
8.2.7.2 市場予測
8.3 欧州
8.3.1 ドイツ
8.3.1.1 市場動向
8.3.1.2 市場予測
8.3.2 フランス
8.3.2.1 市場動向
8.3.2.2 市場予測
8.3.3 イギリス
8.3.3.1 市場動向
8.3.3.2 市場予測
8.3.4 イタリア
8.3.4.1 市場動向
8.3.4.2 市場予測
8.3.5 スペイン
8.3.5.1 市場動向
8.3.5.2 市場予測
8.3.6 ロシア
8.3.6.1 市場動向
8.3.6.2 市場予測
8.3.7 その他
8.3.7.1 市場動向
8.3.7.2 市場予測
8.4 中南米
8.4.1 ブラジル
8.4.1.1 市場動向
8.4.1.2 市場予測
8.4.2 メキシコ
8.4.2.1 市場動向
8.4.2.2 市場予測
8.4.3 その他
8.4.3.1 市場動向
8.4.3.2 市場予測
8.5 中東・アフリカ
8.5.1 市場動向
8.5.2 国別市場内訳
8.5.3 市場予測
9 SWOT分析
9.1 概要
9.2 強み
9.3 弱点
9.4 機会
9.5 脅威
10 バリューチェーン分析
11 ポーターのファイブフォース分析
11.1 概要
11.2 買い手の交渉力
11.3 供給者の交渉力
11.4 競争の程度
11.5 新規参入の脅威
11.6 代替品の脅威
12 価格分析
13 競争環境
13.1 市場構造
13.2 主要プレーヤー
13.3 主要プレーヤーのプロフィール
13.3.1 Adolf Würth GmbH & Co. KG
13.3.1.1 会社概要
13.3.1.2 製品ポートフォリオ
13.3.2 エア・リキード S.A.
13.3.2.1 会社概要
13.3.2.2 製品ポートフォリオ
13.3.3 Applied Industrial Technologies Inc.
13.3.3.1 会社概要
13.3.3.2 製品ポートフォリオ
13.3.3.3 財務
13.3.3.4 SWOT分析
13.3.4 Cromwell Group Holdings Ltd. (W. W. Grainger Inc.)
13.3.4.1 会社概要
13.3.4.2 製品ポートフォリオ
13.3.5 エレクトロコンポーネンツPLC
13.3.5.1 会社概要
13.3.5.2 製品ポートフォリオ
13.3.5.3 財務
13.3.5.4 SWOT分析
13.3.6 エリクソンNV(SHVホールディングス)
13.3.6.1 会社概要
13.3.6.2 製品ポートフォリオ
13.3.7 純正部品メーカー
13.3.7.1 会社概要
13.3.7.2 製品ポートフォリオ
13.3.7.3 財務
13.3.7.4 SWOT分析
13.3.8 グレイバーエレクトリックカンパニー
13.3.8.1 会社概要
13.3.8.2 製品ポートフォリオ
13.3.8.3 SWOT分析
13.3.9 ヘイリー・グループ・リミテッド(Descours et Cabaud SA)
13.3.9.1 会社概要
13.3.9.2 製品ポートフォリオ
13.3.10 ローソン・プロダクツ・リミテッド(Lawson Products Ltd.
13.3.10.1 会社概要
13.3.10.2 製品ポートフォリオ
13.3.10.3 財務
13.3.11 レクセル
13.3.11.1 会社概要
13.3.11.2 製品ポートフォリオ
13.3.11.3 財務
13.3.11.4 SWOT分析
13.3.12 Wesco International Inc.
13.3.12.1 会社概要
13.3.12.2 製品ポートフォリオ
13.3.12.3 財務
13.3.12.4 SWOT分析

図1:世界:保守修理・オペレーション市場: 主な推進要因と課題
図2:世界:保守修理・オペレーション市場: 売上額(単位:億米ドル)、2018年〜2023年
図3:メンテナンス修理・運用の世界市場予測: 販売額(単位:億米ドル)、2024年~2032年
図4:メンテナンス修理・運用の世界市場: プロバイダー別内訳(単位:%)、2023年
図5:整備補修・運用の世界市場:MROタイプ別構成比(単位:億米ドル)、2023年 図5:整備修理・運用の世界市場:MROタイプ別構成比(%)、2023年
図6:整備修理・運用の世界市場:MROタイプ別構成比(単位:%)、2023年 地域別構成比(%)、2023年
図7:メンテナンス修理・運用(OEM)の世界市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図8:メンテナンス修理・オペレーション(OEM)の世界市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図9:保守修理・整備(アフターマーケット)の世界市場 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図10:保守修理・整備(アフターマーケット)の世界市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年〜2032年
図11:世界のメンテナンス修理・運用(産業用MRO)市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図12:メンテナンス修理・オペレーション(産業用MRO)の世界市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図13:世界の保守修理・オペレーション(電気MRO)市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図14:世界の保守修理・オペレーション(電気機器MRO)市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図15:世界の保守修理・オペレーション(設備MRO)市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図16:世界の保守修理・オペレーション(施設MRO)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図17:世界の保守修理・オペレーション(その他MROタイプ)市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図18:世界の保守修理・オペレーション(その他MROタイプ)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図19:北米: 整備修理・オペレーション市場: 売上金額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図20:北米: メンテナンス修理・オペレーション市場予測: 売上金額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図21: 米国: 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図22: 米国: メンテナンス修理・オペレーション市場予測: 売上金額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図23: カナダ: メンテナンス修理・オペレーション市場 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図24:カナダ: 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図25: アジア太平洋: メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図26: アジア太平洋地域の メンテナンス修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図27: 中国 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図28: 中国:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図29: 日本:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:販売額(単位:百万米ドル、2024年~2032年 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図30: 日本:保守修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図31: インド:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:販売金額(単位:百万米ドル、2024年~2032年 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図32: インド:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図33: 韓国:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:販売額(単位:百万USドル、2024年~2032年 メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図34: 韓国:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図35: オーストラリア:整備・修理市場予測:2024-2032年 メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図36: オーストラリア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 オーストラリア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図37: インドネシア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:販売金額(単位:百万米ドル、2024年~2032年 メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図38: インドネシア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図39: その他 メンテナンス修理・オペレーション市場 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図40: その他:販売額(単位:百万米ドル 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図41: ヨーロッパ: 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図42: 欧州:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図43: ドイツ 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図44: ドイツ:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図45: フランス フランス:メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図46: フランス:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 フランス:メンテナンス修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図47: イギリス:メンテナンス修理・オペレーション市場予測 メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図 48: イギリス:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図49: イタリア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測 メンテナンス修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図50:イタリア: 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図51: スペイン メンテナンス修理・オペレーション市場 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図52: スペイン:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図53: ロシア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測 保守修理・オペレーション市場 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図54: ロシア:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図55: その他 保守修理・オペレーション市場 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図56: その他:販売額(単位:百万米ドル 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図57: ラテンアメリカ: 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図58: 中南米:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年および2023年 メンテナンス修理・オペレーション市場の予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図59: ブラジル 保守修理・オペレーション市場: 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図60:ブラジル: 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図61: メキシコ:メンテナンス修理・オペレーション市場:2024年 メンテナンス修理・オペレーション市場 販売額(百万米ドル)、2018年および2023年
図62: メキシコ:メンテナンス修理・オペレーション市場予測:2018年 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図63: その他 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図64: その他:販売額(単位:百万米ドル 保守修理・オペレーション市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図65: 中東およびアフリカ: 保守修理・オペレーション市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図66: 中東およびアフリカ: 保守修理・オペレーション市場: 国別内訳(%)、2023年
図67: 中東およびアフリカ: 保守修理・オペレーション市場の予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図 68: 世界:保守修理・オペレーション産業: SWOT分析
図69: 世界:メンテナンス修理・オペレーション産業: バリューチェーン分析
図 70: メンテナンス修理・オペレーション業界の世界:バリューチェーン分析 ポーターのファイブフォース分析

表1:世界:保守修理・オペレーション市場: 主要産業ハイライト:2023年、2032年
表2:世界の保守修理・オペレーション市場予測: プロバイダー別内訳(単位:百万米ドル)、2024年〜2032年
表3:世界の保守修理・オペレーション市場予測: MROタイプ別構成比(単位:百万米ドル)、2024-2032年
表4:世界の保守修理・オペレーション市場予測: 地域別構成比(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
表5:世界の保守修理・オペレーション市場: 競争構造
表6:保守修理・オペレーションの世界市場:競争構造 主要企業

❖ 掲載企業 ❖

Adolf Würth GmbH & Co. KG, Airgas Inc. (Air Liquide S.A), Applied Industrial Technologies Inc., Cromwell Group Holdings Ltd. (W. W. Grainger Inc.), Electrocomponents PLC, Eriks NV (SHV Holdings), Genuine Parts Company, Graybar Electric Company Inc., Hayley Group Limited (Descours et Cabaud SA), Lawson Products Inc., Rexel, Wesco International Inc., etc.

❖ 免責事項 ❖
http://www.globalresearch.jp/disclaimer

★リサーチレポート[ 保守修理・運用(MRO)の世界市場(2024~2032):プロバイダー別、MRO種類別、地域別(Maintenance Repair and Operations (MRO) Market Report by Provider (OEM, Aftermarket), MRO Type (Industrial MRO, Electrical MRO, Facility MRO, and Others), and Region 2024-2032)]についてメールでお問い合わせはこちらでお願いします。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆