カプセルホテルの世界市場(2024~2032):旅行者種類別、予約モード別、年齢層別、用途別、地域別

◆英語タイトル:Capsule Hotel Market Report by Traveler Type (Solo, Group), Booking Mode (Online Booking, Offline Booking), Age Group (Generation X, Generation Y, Generation Z), Application (Office Workers, Tourists, and Others), and Region 2024-2032

IMARCが発行した調査報告書(IMARC24APR489)◆商品コード:IMARC24APR489
◆発行会社(リサーチ会社):IMARC
◆発行日:2024年3月
◆ページ数:149
◆レポート形式:英語 / PDF
◆納品方法:Eメール
◆調査対象地域:グローバル
◆産業分野:技術&メディア
◆販売価格オプション(消費税別)
Single UserUSD3,899 ⇒換算¥577,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
Five UserUSD4,899 ⇒換算¥725,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
EnterprisewideUSD5,899 ⇒換算¥873,052見積依頼/サンプル/購入/質問フォーム
販売価格オプションの説明はこちらでご利用ガイドはこちらでご確認いただけます。
※お支払金額は「換算金額(日本円)+消費税+配送料(Eメール納品は無料)」です。
※Eメールによる納品の場合、通常ご注文当日~2日以内に納品致します。
※レポート納品後、納品日+5日以内に請求書を発行・送付致します。(請求書発行日より2ヶ月以内の銀行振込条件、カード払いに変更可)
※上記の日本語題名はH&Iグローバルリサーチが翻訳したものです。英語版原本には日本語表記はありません。
※為替レートは適宜修正・更新しております。リアルタイム更新ではありません。

❖ レポートの概要 ❖

※下記の概要と目次は英語から日本語に機械翻訳された内容です。誤った表現が含まれている可能性があります。正確な内容はサンプルでご確認ください。

世界のカプセルホテル市場規模は2023年に1億780万米ドルに達しました。今後、IMARC Groupは、2024年から2032年にかけて8.9%の成長率(CAGR)を示し、2032年までに2億3750万米ドルに達すると予測しています。同市場は、ユニークで費用対効果の高い宿泊オプションを求める一人旅、ミレニアル世代、デジタルノマドの増加、旅行の選択肢における手頃な価格の重要性の高まり、都市化と不動産コストの高騰などを背景に、着実な成長を遂げています。
カプセルホテル市場の分析:
市場の成長と規模 特に予算重視の旅行者やビジネスプロフェッショナルの間で、費用対効果の高い宿泊オプションに対する需要が高まっていることが要因として挙げられます。
技術の進歩: アプリを通じたモバイルチェックイン、自動アメニティ、パーソナライズされた体験などのスマート機能が普及し、ゲストの全体的な体験と業務の効率性が向上しています。
業界の応用: カプセルホテルは従来の観光業にとどまらず、その範囲を広げています。トランジットハブ、空港、パンデミック時の医療従事者の一時的な宿泊施設としての利用が増えています。
地域別動向: アジア太平洋地域は、国内外からの旅行者にサービスを提供するカプセルホテルのネットワークが確立されていることから、市場をリードしています。しかし北米は、従来のホテルに代わる費用対効果の高いホテルに対する需要の高まりにより、急成長市場として浮上しています。
競争環境: 市場の主要プレーヤーは、業界におけるプレゼンスを維持・拡大するため、いくつかの戦略的イニシアティブに積極的に取り組んでいます。カプセルのデザインを刷新し、スマートテクノロジーを取り入れてゲストの体験を向上させ、環境問題の高まりに対応するために持続可能な取り組みを実施しています。
課題と機会: 同市場は、規制上のハードルや、コンパクトな空間におけるゲストのプライバシーに対する懸念などの課題に直面する一方で、未開拓市場への進出、革新的なデザインの開発、ユニークで手頃な宿泊体験に対する嗜好の高まりを活用する機会にも遭遇しています。
将来の展望: カプセルホテル市場の将来は、都市化、旅行の増加、費用対効果が高く便利な宿泊施設への要望などの要因が重なり、有望視されています。テクノロジーの進歩に伴い、ゲストの体験や運営効率のさらなる向上が期待され、カプセルホテルはホスピタリティ業界における重要なプレーヤーとなるでしょう。

カプセルホテルの市場動向
旅行者の嗜好の変化

人口動態と旅行者の嗜好の変化が市場の成長を後押ししています。一人旅、ミレニアル世代、デジタルノマドなど、ユニークで費用対効果の高い宿泊オプションを求める旅行者の増加に伴い、カプセルホテルが人気を集めています。これらの旅行者は、手頃な価格、利便性、効率性を優先することが多く、カプセルホテルが提供するものと完全に一致しています。インスタ映えするような没入感のある体験がしたいという欲求が、テーマ別のカプセルホテルの成長につながり、思い出に残る滞在を求める旅行者を惹きつけています。さらに、ミニマリズムと持続可能性を求めるトレンドはカプセルホテルのコンセプトと共鳴し、環境意識の高い旅行者にアピールしています。また、現代の旅行者の進化するニーズや嗜好に対応し、短期滞在のためのコンパクトでありながら快適なソリューションを提供できることも、市場の成長を後押ししています。

都市化と不動産コストの高騰

都市部の人口密度が高まるにつれ、都心部の土地や不動産のコストは上昇傾向にあります。そのため、従来のホテルが一等地に手頃な料金で宿泊施設を提供することはますます難しくなっています。コンパクトでスペース効率の高い設計のカプセルホテルは、この問題に対する現実的な解決策です。狭いスペースでも快適な宿泊施設を提供でき、同じエリアの従来型ホテルの数分の一のコストで済むことも少なくありません。さらに、これらのホテルは交通の要所やビジネス街、人気観光スポットの近くに戦略的に立地しているため、都市の中心部に滞在したい旅行者にとって便利な選択肢となっています。都市化のトレンドは、都市部での手頃な宿泊施設へのニーズと相まって、世界の大都市圏におけるカプセルホテルの拡大を後押ししており、市場の成長をさらに後押ししています。

経済要因と格安旅行

カプセルホテルは、予算重視の個人や手頃な宿泊オプションを求める人など、幅広い旅行者に対応しています。旅行がより身近になり、広く普及している現在、多くの旅行者は予算の最適化を強く望んでいます。カプセルホテルは、従来のホテルに代わる費用対効果の高い選択肢を提供し、宿泊費を節約しながら快適で安全な滞在を楽しむことができます。さらに、景気の低迷により、旅行の選択における手頃な価格の重要性が高まっています。このような時期に、安全性や清潔さに妥協することなく出費を最小限に抑えたい旅行者にとって、カプセルホテルは好ましい選択肢となりつつあります。経済的要因が旅行の意思決定に影響を与える中、カプセルホテル市場は持続的な成長を遂げ、予算に見合った宿泊オプションの需要に応えています。

ビジネスと一人旅の増加

ビジネスや一人旅の旅行者の増加傾向は、市場の見通しを良好なものにしています。仕事で出張する人、会議に出席する人、都市部での短期滞在を求める人が増えています。こうした旅行者は、ビジネス街や交通の要所へのアクセスの良さなど、それぞれのニーズに対応した便利で快適な宿泊施設を求めています。カプセルホテルはこのような層に適しています。コンパクトで、効率的で、設備の整った空間を提供し、一人旅でも、出張でも、新しい目的地を個人で探索する場合でも、快適な環境を提供します。さらに、一般的に予約期間が短く、24時間365日チェックインまたはチェックアウトが可能なカプセルホテルの柔軟性は、ビジネスや一人旅のダイナミックなスケジュールに合致しています。

カプセルホテル業界のセグメンテーション
IMARC Groupは、2024年から2032年までの世界、地域、国レベルの予測とともに、各セグメントにおける主要動向の分析を提供しています。当レポートでは、旅行者タイプ、予約形態、年齢層、用途に基づいて市場を分類しています。

旅行者タイプ別内訳

単独
グループ

ソロが市場シェアの大半を占める市場

当レポートでは、旅行者タイプ別に市場を詳細に分類・分析しています。これにはソロとグループが含まれます。報告書によると、ソロが最大のセグメントを占めています。

バックパッカーやデジタルノマド、出張中の個人旅行者などの一人旅の旅行者は、手頃な価格、利便性、一人旅に適していることから、カプセルホテルに惹かれています。これらの旅行者は、新しい目的地を探索したり、仕事関連のイベントに参加したりする際に、快適で安全な宿泊場所を提供する費用対効果の高い宿泊オプションを求めることが多いのです。カプセルホテルは一人旅のユニークなニーズに応え、コンパクトでありながら、プライバシー、快適さ、必要なアメニティを提供する優れたデザインのカプセルを提供しています。

グループ旅行者には、友人同士や家族、少人数のツアーグループなど、さまざまな理由でカプセルホテルでの滞在を選ぶ人たちがいます。カプセルホテルは一般的に個人旅行者向けですが、複数のお客様が近接して宿泊できるよう、グループカプセルや連結カプセルを提供している施設もあります。

予約モード別の内訳

オンライン予約
オフライン予約

オフライン予約が業界最大シェア

本レポートでは、予約モードに基づく市場の詳細な内訳と分析も提供しています。これにはオンライン予約とオフライン予約が含まれます。レポートによると、オフライン予約が最大の市場シェアを占めています。

多くの旅行者、特に年配の世代やインターネットへのアクセスが限られている個人は、宿泊施設を予約する伝統的な方法を依然として好みます。このセグメントでは、宿泊客はホテルのフロントデスクで直接予約を行うか、電話予約を通じて予約を行います。このセグメントには、ウォークイン客や事前予約なしで到着する観光客に依存するカプセルホテルが大きく貢献しています。また、観光客で賑わうエリアにあるカプセルホテルは、人通りが多く、すぐに宿泊できる場所を探している自発的な旅行者を惹きつけています。

オンライン予約は、スマートフォンの普及とインターネットへのアクセス向上により、近年着実に成長しています。旅行者は現在、ホテルのウェブサイト、サードパーティの予約サイト、専用の旅行アプリなど、さまざまなオンラインプラットフォームを通じてカプセル宿泊施設を予約できるようになり、利便性が高まっています。オンライン予約は、宿泊客が予約する前にリサーチしたり、価格を比較したり、レビューを読んだりする柔軟性を提供します。

年齢層別の内訳

ジェネレーションX
ジェネレーションY
ジェネレーションZ

Z世代が市場をリードするセグメント

本レポートでは、年齢層別に市場を詳細に分類・分析しています。これにはX世代、Y世代、Z世代が含まれます。報告書によると、Z世代が最大のセグメントを占めています。

Z世代は、しばしばZ世代と呼ばれ、カプセルホテル市場で最大のセグメントを構成しています。Z世代の旅行者はハイテクに精通し、ユニークな体験を望むことで知られています。彼らがカプセルホテルに惹かれる理由は、その革新的で効率的な宿泊施設と手頃な価格にあります。彼らは、カプセルホテルでよく見られるミニマルなデザイン、モダンなアメニティ、持続可能な機能を高く評価しています。利便性、モバイルアプリによるアクセス、パーソナライズされた体験を優先する彼らは、カプセルホテルのコンセプトに適しています。

Y世代、つまりミレニアル世代もカプセルホテル市場で重要なセグメントを構成しています。ミレニアル世代は冒険心旺盛で、本物の旅行体験を望むことで知られています。多くのミレニアル世代は、持続可能性と手頃な価格という彼らの価値観に合致するカプセルホテルのコンセプトを受け入れています。特に短期間の旅行や一人旅では、カプセルホテルの柔軟性と利便性を高く評価しています。

ジェネレーションXは、市場規模は小さいものの、注目すべきセグメントです。この層は旅行中に快適さと利便性を求めることが多く、そのため短期滞在にカプセルホテルを選ぶことがあります。若い世代ほどハイテクに依存していないかもしれませんが、X世代の旅行者は、特に都市部を探索する際に、カプセルホテルのシンプルさと費用対効果を高く評価しています。

用途別の内訳
オフィスワーカー
観光客
その他

当レポートでは、用途別に市場を詳細に分類・分析しています。これには、オフィスワーカー、観光客、その他が含まれます。

カプセルホテルは、便利で効率的な宿泊ソリューションとしてオフィスワーカーの間で人気を集めています。このセグメントは主に、商談、セミナー、勤務時間の延長など、さまざまな目的で短期間の宿泊を必要とする専門家で構成されています。ビジネス街やその周辺に位置するカプセルホテルは、快適で費用対効果の高い休憩場所や仕事場を提供することで、こうしたオフィスワーカーのニーズに応えています。多くのオフィスワーカーは、通勤時間を最小限に抑え、生産性を最大限に高めることができる戦略的な立地のカプセルホテルの利便性を高く評価しています。

観光客は、手頃な価格でユニークな宿泊体験を求める旅行者で、カプセルホテル市場の大部分を占めています。この多様なグループには、観光名所を探索する国内外の旅行者、週末を利用したレジャー旅行者、低予算の宿泊施設を探すバックパッカーなどが含まれます。観光スポットや街の中心部、交通の要所近くに位置するカプセルホテルは、この層にサービスを提供するのに適しています。

地域別内訳
北米
米国
カナダ
アジア太平洋
中国
日本
インド
韓国
オーストラリア
インドネシア
その他
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
スペイン
ロシア
その他
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
その他
中東・アフリカ

アジア太平洋地域が市場をリードし、最大のカプセルホテル市場シェアを獲得

この調査レポートは、北米(米国、カナダ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、インドネシア、その他)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他)、中南米(ブラジル、メキシコ、その他)、中東・アフリカを含むすべての主要地域市場についても包括的な分析を提供しています。同レポートによると、カプセルホテルのコンセプトは日本が発祥であり、アジア太平洋地域は依然としてカプセルホテルの中心地であることから、アジア太平洋地域が最大の市場シェアを占めています。日本、韓国、中国などの国々では、カプセルホテルのネットワークが確立されており、国内外の旅行者にサービスを提供しています。アジア太平洋地域は高い都市化率の恩恵を受けており、カプセルホテルは人口密度の高い都市で手頃で便利な宿泊オプションを求める旅行者にとって実用的なソリューションとなっています。

北米では近年、カプセルホテル市場が着実に成長しています。米国とカナダの主要都市圏では、主に一人旅、ミレニアル世代、ビジネスプロフェッショナルをターゲットにしたカプセルホテルが出現しています。これらの施設は、従来のホテルに代わる費用対効果の高い選択肢を求める都市部の旅行者に対応することが多い。

ヨーロッパでも、特に観光客の多い都市や交通の要所において、カプセルホテルのコンセプトが受け入れられています。イギリス、ドイツ、オランダなどの国々では、観光客、バックパッカー、ビジネス旅行者など、多様な旅行者に対応するカプセルホテルが成長しています。この分野は交通インフラが発達しているため、カプセルホテルは移動の多い旅行者にとって魅力的な選択肢となっています。

ラテンアメリカの市場は、他の地域と比較するとまだ初期段階にありますが、成長の可能性を秘めています。ブラジル、メキシコ、アルゼンチンなどの国々が、国内外からの観光客をターゲットに、このコンセプトを模索し始めています。

カプセルホテル市場の中東・アフリカセグメントは比較的小規模ですが、成長しています。ドバイのような都市やこの地域の主要空港では、乗り継ぎ客や短期滞在を求める旅行者に対応するカプセルホテルの導入が進んでいます。

カプセルホテル業界の主要プレイヤー
市場の主要プレーヤーは、業界におけるプレゼンスを維持・拡大するため、いくつかの戦略的イニシアティブに積極的に取り組んでいます。カプセルのデザインを革新し、スマートテクノロジーを取り入れてゲストの体験を向上させ、環境問題の高まりに対応するために持続可能な取り組みを実施しています。また、これらのプレーヤーは戦略的な立地選定にも注力しており、ビジネスとレジャーの両方の旅行者を惹きつけるため、交通の要所や都心への近接性を確保しています。さらに、ニッチ市場に対応するため、テーマ別のカプセルホテルや専門性の高いカプセルホテルを導入し、サービスの多様化を図っています。オンライン予約プラットフォームや旅行代理店との提携は、マーケティングや幅広い消費者層の獲得において重要な役割を果たす一方、競争力のある価格設定を維持し、高水準の衛生・安全基準を提供することが最優先事項となっています。

この市場調査報告書では、競合状況を包括的に分析しています。主要企業の詳細プロフィールも掲載しています。市場の主要企業には以下のような企業があります:

CubeHotelsGroup
De Bedstee Capsules Hotel B.V.
Hippo Pod
inBox Capsule Hotel
Mayu Tokyo Woman
Nadeshiko Hotel
Pangea Pod Hotel
Riccarton Capsule Hotel
St Christopher’s Inns
The Bed KLCC
The Capsule Hotel
Urban Pod Pvt Ltd.

(なお、これは主要プレイヤーの一部のリストであり、完全なリストはレポートに記載されています)

最新ニュース
2021年10月 Urban Pod Pvt Ltd.はIRCTCと提携し、ムンバイ中央駅にポッドコンセプトの客室を導入すると発表しました。

本レポートで扱う主な質問

1. 2023年の世界のカプセルホテル市場規模は?
2. 2024~2032年の世界のカプセルホテル市場の予想成長率は?
3. 世界のカプセルホテル市場を牽引する主要因は?
4. COVID-19が世界のカプセルホテル市場に与えた影響は?
5. 世界のカプセルホテル市場の旅行者タイプ別の内訳は?
6. 世界のカプセルホテル市場の予約形態別の内訳は?
7. カプセルホテル世界市場の年齢層別内訳は?
8. カプセルホテル世界市場の主要地域は?
9. カプセルホテルの世界市場における主要プレイヤー/企業は?

❖ レポートの目次 ❖

1 序文
2 調査範囲と方法論
2.1 調査の目的
2.2 ステークホルダー
2.3 データソース
2.3.1 一次情報源
2.3.2 二次情報源
2.4 市場推定
2.4.1 ボトムアップアプローチ
2.4.2 トップダウンアプローチ
2.5 予測方法
3 エグゼクティブ・サマリー
4 はじめに
4.1 概要
4.2 主要な業界動向
5 世界のカプセルホテル市場
5.1 市場概要
5.2 市場パフォーマンス
5.3 COVID-19の影響
5.4 市場予測
6 旅行者タイプ別市場構成
6.1 ソロ
6.1.1 市場動向
6.1.2 市場予測
6.2 グループ
6.2.1 市場動向
6.2.2 市場予測
7 予約モード別市場
7.1 オンライン予約
7.1.1 市場動向
7.1.2 市場予測
7.2 オフライン予約
7.2.1 市場動向
7.2.2 市場予測
8 年齢層別市場構成
8.1 ジェネレーションX
8.1.1 市場動向
8.1.2 市場予測
8.2 ジェネレーションY
8.2.1 市場動向
8.2.2 市場予測
8.3 ジェネレーションZ
8.3.1 市場動向
8.3.2 市場予測
9 用途別市場
9.1 オフィスワーカー
9.1.1 市場動向
9.1.2 市場予測
9.2 観光客
9.2.1 市場動向
9.2.2 市場予測
9.3 その他
9.3.1 市場動向
9.3.2 市場予測
10 地域別市場内訳
10.1 北米
10.1.1 米国
10.1.1.1 市場動向
10.1.1.2 市場予測
10.1.2 カナダ
10.1.2.1 市場動向
10.1.2.2 市場予測
10.2 アジア太平洋
10.2.1 中国
10.2.1.1 市場動向
10.2.1.2 市場予測
10.2.2 日本
10.2.2.1 市場動向
10.2.2.2 市場予測
10.2.3 インド
10.2.3.1 市場動向
10.2.3.2 市場予測
10.2.4 韓国
10.2.4.1 市場動向
10.2.4.2 市場予測
10.2.5 オーストラリア
10.2.5.1 市場動向
10.2.5.2 市場予測
10.2.6 インドネシア
10.2.6.1 市場動向
10.2.6.2 市場予測
10.2.7 その他
10.2.7.1 市場動向
10.2.7.2 市場予測
10.3 欧州
10.3.1 ドイツ
10.3.1.1 市場動向
10.3.1.2 市場予測
10.3.2 フランス
10.3.2.1 市場動向
10.3.2.2 市場予測
10.3.3 イギリス
10.3.3.1 市場動向
10.3.3.2 市場予測
10.3.4 イタリア
10.3.4.1 市場動向
10.3.4.2 市場予測
10.3.5 スペイン
10.3.5.1 市場動向
10.3.5.2 市場予測
10.3.6 ロシア
10.3.6.1 市場動向
10.3.6.2 市場予測
10.3.7 その他
10.3.7.1 市場動向
10.3.7.2 市場予測
10.4 中南米
10.4.1 ブラジル
10.4.1.1 市場動向
10.4.1.2 市場予測
10.4.2 メキシコ
10.4.2.1 市場動向
10.4.2.2 市場予測
10.4.3 その他
10.4.3.1 市場動向
10.4.3.2 市場予測
10.5 中東・アフリカ
10.5.1 市場動向
10.5.2 国別市場内訳
10.5.3 市場予測
11 SWOT分析
11.1 概要
11.2 長所
11.3 弱点
11.4 機会
11.5 脅威
12 バリューチェーン分析
13 ポーターズファイブフォース分析
13.1 概要
13.2 買い手の交渉力
13.3 供給者の交渉力
13.4 競争の程度
13.5 新規参入の脅威
13.6 代替品の脅威
14 価格分析
15 競争環境
15.1 市場構造
15.2 主要プレーヤー
15.3 主要プレーヤーのプロフィール
15.3.1 キューブホテルズグループ
15.3.1.1 会社概要
15.3.1.2 製品ポートフォリオ
15.3.2 De Bedstee Capsules Hotel B.V.
15.3.2.1 会社概要
15.3.2.2 製品ポートフォリオ
15.3.3 ヒポポッド
15.3.3.1 会社概要
15.3.3.2 製品ポートフォリオ
15.3.4 inBox カプセルホテル
15.3.4.1 会社概要
15.3.4.2 製品ポートフォリオ
15.3.5 マユ東京ウーマン
15.3.5.1 会社概要
15.3.5.2 商品ポートフォリオ
15.3.6 なでしこホテル
15.3.6.1 会社概要
15.3.6.2 製品ポートフォリオ
15.3.7 パンゲアポッドホテル
15.3.7.1 会社概要
15.3.7.2 製品ポートフォリオ
15.3.8 リカートン・カプセルホテル
15.3.8.1 会社概要
15.3.8.2 製品ポートフォリオ
15.3.9 セントクリストファーズ・インズ
15.3.9.1 会社概要
15.3.9.2 製品ポートフォリオ
15.3.10 ザ・ベッドKLCC
15.3.10.1 会社概要
15.3.10.2 製品ポートフォリオ
15.3.11 カプセルホテル
15.3.11.1 会社概要
15.3.11.2 製品ポートフォリオ
15.3.12 アーバン・ポッド社
15.3.12.1 会社概要
15.3.12.2 製品ポートフォリオ

図1:世界:カプセルホテル市場: 主な推進要因と課題
図2:世界:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年~2023年
図3:世界:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図4:世界のカプセルホテル市場: 旅行者タイプ別内訳(単位:%)、2023年
図5:世界のカプセルホテル市場: 図5:世界のカプセルホテル市場:予約形態別構成比(%)、2023年
図6:世界のカプセルホテル市場: 図6:世界のカプセルホテル市場:年齢層別構成比(%)、2023年
図7:世界のカプセルホテル市場: 図7:世界のカプセルホテル市場:用途別構成比(%)、2023年
図8:世界のカプセルホテル市場: 図8:世界のカプセルホテル市場:地域別構成比(%)、2023年
図9:世界のカプセルホテル(単独)市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年・2023年
図10:世界のカプセルホテル(単独)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図11:世界のカプセルホテル(グループ)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図12:世界のカプセルホテル(グループ)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図13:世界のカプセルホテル(オンライン予約)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図14:世界のカプセルホテル(オンライン予約)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図15:世界のカプセルホテル(オフライン予約)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図16:世界のカプセルホテル(オフライン予約)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図17:世界のカプセルホテル(ジェネレーションX)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図18:世界のカプセルホテル(X世代)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図19:世界のカプセルホテル(ジェネレーションY)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図20:世界のカプセルホテル(Y世代)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図21:世界のカプセルホテル(Z世代)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図22:世界のカプセルホテル(Z世代)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図23:世界のカプセルホテル(オフィスワーカー)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図24:世界のカプセルホテル(オフィスワーカー)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図25: 世界:カプセルホテル(観光客)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図26: 世界:カプセルホテル(観光客)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図27: 世界:カプセルホテル(その他用途)市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年・2023年
図28: 世界:カプセルホテル(その他用途)市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図29: 北米: カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図30: 北米:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図31: アメリカ:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図32: 米国:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図33: カナダ: カナダ:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図34: カナダ:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図35: アジア太平洋: カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図36: アジア太平洋地域の カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図37: 中国 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図38: 中国:カプセルホテル市場予測 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図39: 中国:カプセルホテル市場予測:販売額(単位:百万USドル、2024年~2032年 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図40: 日本:カプセルホテル市場予測:2018年および2023年 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図41: インド:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図42: インド:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場の予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図43: 韓国:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 韓国:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図44: 韓国:カプセルホテル市場予測:2018年および2023年 韓国:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図45: オーストラリア:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 オーストラリア:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図46: オーストラリア:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場の予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図47: インドネシア:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 インドネシア:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図48: インドネシア:カプセルホテル市場予測:2018年 インドネシア:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図49: その他 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図50:その他: カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図51: ヨーロッパ:カプセルホテル市場 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図52: ヨーロッパ:カプセルホテル市場予測 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図53: ドイツ: カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図54: ドイツ:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場の予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図55: フランス:カプセルホテル市場予測 フランス:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図56: フランス:カプセルホテル市場予測:2018年 フランス:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図57: イギリス:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図58: イギリス:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図59: イタリア:カプセルホテル市場予測 イタリア:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図60:イタリア: イタリア:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図61: スペイン:カプセルホテル市場予測 スペイン:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万米ドル)、2018年および2023年
図62: スペイン:カプセルホテル市場予測:2018年 スペイン:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図63: ロシア:カプセルホテル市場予測:2024年~2032年 ロシア:カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図64: ロシア:カプセルホテル市場予測:2018年 カプセルホテル市場の予測: 販売額(百万米ドル)、2024年~2032年
図65: その他:その他 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図66: その他:その他 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図67: ラテンアメリカ: カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図68: ラテンアメリカ: カプセルホテル市場の予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図69: ブラジル カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図70:ブラジル カプセルホテル市場の予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図71: メキシコ:カプセルホテル市場予測 カプセルホテル市場 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図72: メキシコ:カプセルホテル市場予測:2018年 メキシコ:カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図73: その他:その他 カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図74: その他:その他 カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万USドル)、2024年~2032年
図75: 中東およびアフリカ: カプセルホテル市場: 販売額(単位:百万USドル)、2018年および2023年
図76: 中東およびアフリカ: カプセルホテル市場: 国別構成比(%)、2023年
図77: 中東およびアフリカ: カプセルホテル市場予測: 販売額(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
図78: 世界:カプセルホテル産業: SWOT分析
図79: 世界:カプセルホテル産業: バリューチェーン分析
図80: 世界のカプセルホテル業界:バリューチェーン分析 ポーターのファイブフォース分析

表1:世界:カプセルホテル市場: 主要産業ハイライト、2023年・2032年
表2:世界:カプセルホテル市場予測: 旅行者タイプ別内訳(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
表3:世界:カプセルホテル市場予測: 予約モード別構成比(単位:百万USドル)、2024年~2032年
表4:世界のカプセルホテル市場予測: 年齢層別構成比(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
表5:世界のカプセルホテル市場予測: 用途別構成比(単位:百万USドル)、2024年~2032年
表6:世界のカプセルホテル市場予測: 地域別構成比(単位:百万米ドル)、2024年~2032年
表7:世界のカプセルホテル市場: 競争構造
表8:世界のカプセルホテル市場: 主要プレイヤー

❖ 掲載企業 ❖

CubeHotelsGroup, De Bedstee Capsules Hotel B.V., Hippo Pod, inBox Capsule Hotel, Mayu Tokyo Woman, Nadeshiko Hotel, Pangea Pod Hotel, Riccarton Capsule Hotel, St Christopher’s Inns, The Bed KLCC, The Capsule Hotel, Urban Pod Pvt Ltd., etc., (Please note that this is only a partial list of the key players, and the complete list is provided in the report.)

❖ 免責事項 ❖
http://www.globalresearch.jp/disclaimer

★リサーチレポート[ カプセルホテルの世界市場(2024~2032):旅行者種類別、予約モード別、年齢層別、用途別、地域別(Capsule Hotel Market Report by Traveler Type (Solo, Group), Booking Mode (Online Booking, Offline Booking), Age Group (Generation X, Generation Y, Generation Z), Application (Office Workers, Tourists, and Others), and Region 2024-2032)]についてメールでお問い合わせはこちらでお願いします。


◆H&Iグローバルリサーチのお客様(例)◆